有機栽培オリーブオイルの魅力

今でこそ食用オイルにこだわる人達が増えてきましたが、オーリブオイルはこうしたオイルブームの先駆け的な存在だと言えるでしょう。

加熱調理にも使え、生のままでも味わえるオイルは意外と多くありません。

そんなオリーブオイルを常備している家庭も多いんじゃないのでしょうか。

そして今、注目をしたいのが有機栽培オリーブオイルです。

この有機栽培オリーブオイルは、他のオリーブオイルと何が違うのか、そしてどんな魅力があるのでしょうか。

有機栽培オリーブオイルとは

有機栽培オリーブオイルは、簡単にいってしまえば除草剤や害虫駆除などの農薬や化学肥料を使わずに栽培したオリーブの実から搾油したオイルのことです。
オリーブの木は、害虫に強い植物ではありませんから、害虫から守る為には手作業で虫を取り除く必要があるなど、有機栽培オリーブオイルは非常に手間暇をかけられて栽培されています。

こうして手間暇をかけて育てられた有機栽培オリーブオイルは、化学成分の残留といった心配がなく、本来自然の植物に不要な成分を含まないオイルとなります。

だからこそ、有機栽培オリーブオイルは環境に良いだけではなく、人の身体に優しい食品になっているんですね。

また、ある論文によると有機栽培された植物は抗酸化物質が多く含まれ、味が濃いと云う報告もあるのです。

こうした有機栽培オリーブオイルは、オーガニック食品のひとつです。

国内ではまだまだ入手しにくい部分があるオーガニック食品ですが、オリーブオイルはスーパーやネットでも比較的簡単に手に入れる事が出来ます。

有機栽培オリーブオイルの種類

また、一言で有機栽培オリーブオイルといってもその種類は様々です。

オーガニック食品というと、値段が高いというイメージがありますが、有機栽培オリーブオイルの値段は製品によって幅があります。

有機栽培オリーブオイルであっても500ml 1000円以下で購入する事の出来る製品もあれば、同容量で何千円もするオリーブオイルも少なくありません。

これは、有機栽培されているオリーブの種類による違いが大きくなっています。稀少種である程、値段は高くなる傾向にあります。

また、使用されているオーリブの種類や産地によって同じように有機栽培されているオリーブオイルでも、その風味は全く異なるものです。

余計なものが何も混じっていない有機栽培のオーリブだからこそ、オイル本来の風味を楽しむことが出来ます。

苦味があるもの、酸味があるもの、フルーティーなものといった様にオリーブオイル本来の味を楽しめるのも有機栽培オーリブオイルの魅力だといえますね。

ユーフォリアのパウンドケーキは、イタリア産有機栽培オリーブオイルを使用しております。

体にやさしい極上のパウンドケーキをどうぞご賞味ください。

ご購入は、こちら