ファッロの特徴と魅力について

7千年もの歴史を持つ穀物のファッロは、まさにスローフードの代表格の伝統食材として、味や食感、栄養分ともに本国イタリアだけでなくヨーロッパを中心に注目されているアイテムです。イタリアではスペルト小麦をファッロと呼んでいて、ドイツではディンケル、スイスではスペルツと呼ばれています。

【ファッロの特徴】

普通小麦の原種にあたるスペルト小麦のファッロは、人工的な手がほとんど加わってないので、多くの特徴があり、自然から離れた日常生活を送っている現代人の健康を守るため有効に働くものと考えられています。

【人工的な品種改良が行われていない】

普段生活をしていてファッロは聞くことがあまりなく、馴染みのない植物ですが、遺伝子操作や人工的な品種改良が殆ど行われていません。

品種改良は、多収や良質、安定という人間側から見た理由のみで行われ、原種とは大きく異なります。

主食として消費されている小麦と米は最も品種改良が進んでいると言えます。

古代小麦のファッロは、強健な植物で、極端な天候異変及び土壌条件に対処することができます。

穀粒の例外的ともいえる厚い皮殻は、汚染物質や昆虫から内部の穀粒を守ると言えます。

古代穀物であるがゆえに化学肥料や除草剤、殺虫剤や農薬を殆ど用いることなく栽培することが可能と言えます。

【小麦アレルギーが発症しにくい】

小麦アレルギーは発症者の条件が千差万別で人によって大きく異なり、医学的に立証することが難しいとされています。
ヨーロッパにおける30年間の経験値によると、小麦アレルギーを持っている人が食しても85から90%は発症していないという結果があります。

グルテンフリーではないので、必ず食べる前に医師のアドバイスを受ける事が必要です。

【ファッロ小麦の健康への期待】

普通小麦とは対照的に、ファッロに含まれている栄養的に重要な物質は穀物の内部で見つかります。

普通小麦では重要な栄養物質は表皮と胚芽に含まれていますが、通常全てが製粉工程中で除去されてしまいます。

ファッロは身体にとって必須の栄養素をより多く提供できるのです。

ファッロは、普通小麦に比べて蛋白質が良質なので、リジンやスレオニン、メチオニンなどの必須アミノ酸を含んでいます。

普通小麦と比べてファッロは、腹腔病の要因とされる蛋白質が少ないので、消化し易く腸腔病を発症し難いという特徴があり、高齢者や病弱の方にも安心できます。

蛋白質との相同生の見地からすると、慢性腸疾患と認められた人には問題を起こすことも考えられると言えます。
主にフェノール化合物からもたらされる心地よい風味豊かな香りは、普通小麦ではなく、フェノール化合物は人間体内では、自然の抗酸化物質として働く効果があります。

各デンプン中の違ったレベルの蛋白質なので、デンプンの分解が普通小麦に比べてよりゆっくりと行われることが期待できます。
低グリコーゲンで、糖尿病患者や変動血糖値の人に対して良いとされています。

【ファッロのまとめ】

ファッロは、あまり馴染みのない小麦ですが、栄養価は高くヨーロッパでは好まれている食材として、最近では日本でも注目されている食材です。

ユーフォリアのパウンドケーキは、季節により入れるものが変化しますが、基本的には自然栽培又は有機栽培のものを使用しております。

体にやさしい極上のパウンドケーキをどうぞご賞味ください。

ご購入は、こちら