オーガニック食材 古代小麦ファッロとは

古代小麦ファッロとは、別名スペルト小麦と呼ばれており、現在広く利用されている普通小麦の原種にあたる古代穀物です。

最近の研究によってスペルト小麦は、9000年以上前にヨーロッパで栽培されていたことが証明されました。
イタリアではスペルト小麦をFarro(ファッロ)と呼び、ドイツではDinkel(ディンケル)、スイスではSpelz(スペルツ)と呼んでいます。

ファッロの特徴

古代小麦は強健な植物で、極端な天候異変や土壌条件に対処することが出来ます。
その穀粒の例外的ともいえる厚い皮殻は、汚染物質や昆虫から内部の穀粒を守ります。

また、頑丈な強さのため化学肥料、除草剤、殺虫剤や農薬を殆ど用いることなく栽培することが可能なのです。

遺伝子操作や人工的な品種改良が殆ど行われていないので健康を守るために有効に働いてくれます。

ファッロの栄養価

現在出回っている品種改良された小麦は、主に外皮と胚芽に栄養分が多く含まれているため、精製してしまうと栄養価が落ちてしまいます。

その点、ファッロは中心の胚乳に栄養分を蓄えているため、精製してもその成分とおいしさは変わらないのが魅力です。

普通小麦に比べ、わずかにたんぱく質が良質であり、リジン、スレオニン、メチオニンなどの必須アミノ酸を含んでいます。

ビタミンやミネラルも豊富で免疫力が高まり美容にも注目されています。

炭水化物の消化吸収率が他の穀物よりも早く持久力を要求されるアスリートにもおすすめです。

また、消化もしやすいので高齢者の方にも安心です。

小麦アレルギーの発症を起こしにくい

ヨーロッパにおける30年間の経験値によると、小麦アレルギーを持っている人が食しても85~90%は発症しないと言われています。
ただし、グルテンフリーではないので、必ず食べる前に医師のアドバイスを受ける事が必要です。

オーガニックの意味とは

オーガニックは有機と同じ意味をもっています。
化学農薬や肥料、遺伝子組み換えの技術を避け、太陽や水や土地などの自然の恵みを活かした加工方法です。

オーガニックと無農薬の違いは?

オーガニックは化学合成された農薬や肥料を使わず、枯れ葉や藁などの有機肥料を使用することです。

無農薬は農薬を使っていないもので肥料の制限はありません。

オーガニックの良いこと

普通のものと比べると圧倒的に安全です。化学肥料や農薬などを使用していないので、様々な健康リスクから守ってくれます。
また、「自然に即した」という意味もあることから、自然と共生し健康なライフスタイルを実現することが出来るでしょう。

ユーフォリアのパウンドケーキは、季節により入れるものが変化しますが、基本的には自然栽培又は有機栽培のものを使用しております。

体にやさしい極上のパウンドケーキをどうぞご賞味ください。

ご購入は、こちら