オーガニック食品の3つのメリット

オーガニック食品を選ぶ方が増えています。

でも、オーガニック食品は何がよいのでしょうか。

オーガニック食品には、3つのメリットがあります。

メリット1. おいしい

子供が野菜嫌いで食べてくれなくて困った経験がありませんか。
大人でも、野菜は苦くてまずいから苦手という方もいると思います。

でも、オーガニックの野菜は子供でも食べてくれることがあります。
人参嫌いの子供は少なくありません。
人参臭かったり、苦くて嫌いなようです。

オーガニックの人参には甘味があります。
甘いものならおいしく食べてくれることでしょう。

化学肥料で育てられた野菜は、成長スピードが速く、土に含まれる栄養素を十分に吸収せずに育ちます。

そのため、野菜のうまみをあまり感じられません。

一方、オーガニック野菜は植物に必要な成分がたっぷりの土で育てられていて、土の栄養素を十分に吸収して成長をします。

そのため、うまみを感じられるのです。

メリット2. 安心

オーガニックでないものは、虫がついたら化学薬品で殺虫をする、草が抜くのは大変だから除草剤を撒くといったことを行っています。

化学的に作られた添加物は体に悪いという認識を持っている方は少なくありませんが、化学的に作られた殺虫剤や除草剤などを使用した作物は体によいのでしょうか。

洗えばある程度の農薬を落とすことができます。

しかし、植物が吸収して植物内に成分が入り込んでしまい、洗っても落とせないものもあります。

化学肥料にアレルギーを持つ方もいるようです。

オーガニックは一部の農薬など使用してもよいのですが、化学肥料や農薬を使用せずに栽培をしている農家さんもいます。
化学的なものを使用せずに栽培されているので安心感があります。

メリット3. 環境に配慮

植物の成長には、リン、カリウム、窒素の3大成分が必要といわれています。

そのため、化学肥料にはこれら3つの成分が配合されています。
化学肥料は水に溶けやすい性質があり、畑に撒いたものが水に溶けて、河川に流れ込んで環境を汚染します。川から海へと流れ込み、その海に生息する魚を人間が食べます。

オーガニックといったも使用する肥料はさまざまですが、環境に配慮して作物を育てている農家さんもいます。
環境に配慮した栽培をすることで、人間にとって安全なだけでなく、鳥や魚など自然界のさまざまな生物を守ることにもつながります。

人間だけでなく自然にも優しい栽培方法です。

ユーフォリアのパウンドケーキは、季節により入れるものが変化しますが、基本的には自然栽培又は有機栽培のものを使用しております。

体にやさしい極上のパウンドケーキをどうぞご賞味ください。

ご購入は、こちら