オーガニック食品の特徴とその効果

オーガニック食品は体にいいというイメージは誰しもが持っています。

オーガニックという言葉には「有機農法の」という意味があります。

ですから、有機野菜やオーガニック野菜は一緒の意味になります。

農薬や化学肥料を使わず、できるだけ自然の持つ力だけで作物を育てるというやり方です。

国際有機農業運動連盟という機関もこの有機栽培を推奨していて、そうする事により生態系の回復を計ろうとしています。

簡単にいうと、自然に作物を育てて環境を良い状態に戻そうという取り組みです。

では、実際にオーガニック食品は普通の食品と比べてどんな点が違って、どんな効果があるのでしょうか?

安全性

一つ目に挙げられるのは安全性です。

作物を育てる時に農薬を使いますが、その目的は害虫駆除のためです。
家で殺虫剤をかけた野菜をいくら洗ったとしても食べようとはしないはずです。

さらに、有機栽培は除草剤も使いません。

土壌の汚染を防ぎながら、自然そのものの力によって土の栄養分を高めて豊な土壌にすることができます。

国の規定でも、3年以上農薬や化学肥料を使っていない土壌で栽培された作物のみオーガニック食品として認定されるので、安全性が他の食品に比べて保証度が高いと言えます。

二つ目には、味です。

これは、個人差によって感じ方が違いますが、食物がもつ本来の生命力によって栽培していくので、一般的に味は濃く新鮮さを感じる事が多いです。

そう感じる主な原因は水のやり方にもあるようです。

有機栽培は極力水を減らしての栽培になるため、作物自身の中に水分を保っておこうという働きが生じて、栽培したときに歯ごたえ充分でみずみずしさを感じる事ができます。

栄養素

三つ目には栄養素が高くなるという事です。

味に関する考え方と同じ理論で、栄養分も高くなります。
肥料を与えないので、できるだけ栄養分を体内に留めておこうという働きが起こるからです。

ジャガイモなどは一般のものに比べてビタミンCが倍増したというデータもあり、オーガニック食品を選んで食べるなら栄養面での補給も十分に行う事ができます。

さらに、オーガニック食品には「抗酸化物質」が一般にものに比べて多いという報告があります。

抗酸化物質は老化防止や美容に効果があるとされているので、サプリなので栄養を補っている人には、オーガニック栽培によってサプリを飲まなくて良くなるかもしれません。

このように、オーガニック食品は良い事ずくめですが冷静に考えると、もともとあるべき栽培方法に戻した作物と言えます。

「作物が本来持つ味や強さを、人間の手で戻す」事の結果がオーガニック食品なのです。

是非、オーガニック食品がその名で呼ばれず、普通の作物として呼ばれる日を楽しみにしたいものです。

ユーフォリアのパウンドケーキは、季節により入れるものが変化しますが、基本的には自然栽培又は有機栽培のものを使用しております。

体にやさしい極上のパウンドケーキをどうぞご賞味ください。

ご購入は、こちら