オーガニック食品のメリットとは

オーガニックという言葉を聞いたことのある方は多いかもしれませんが、オーガニックとはどのような意味なのでしょうか。

オーガニックを日本語に訳すと「有機栽培」という意味です。

具体的には、3年間以上無農薬の状態を保った土壌で育てられたものにのみつけることができる、「有機JASマーク」のついた食品のみがオーガニック食品を名乗ることができます。

では、オーガニック食品を食べるメリットにはなにがあるのでしょうか。

1.安全性

1つ目は、安全である可能性が一般的な食品よりも大きいということです。

例えば、7年前に餃子に農薬が混入する事件が起こりましたが、オーガニック栽培による食品を使用した製品を選べば、その危険性が極めて減少することが期待できます。

しかし、オーガニックだからといって、農薬などの化学物質が絶対に検出しないと言えるかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

なので、リスクが完全になくなるわけではなく、あくまで化学物質の検出する可能性が低くなっているという認識でいてください。

2.美味しい

2つ目のメリットは、オーガニック食品は一般的な食品と比べて、美味しいと感じることが多いということです。

例えば、野菜嫌いの子供でもオーガニックの野菜なら食べるという例がいくつも報告されています。

味についての感じ方は個人によって異なるので必ずオーガニックならば美味しいというわけではないと思いますが、一般的にオーガニックの方が自然に近い味がするので美味しいと感じる方が多いのかもしれません。

3.環境に良い

3つ目のメリットとしてあげられるのは、オーガニックは農地の生態系や、環境に良い影響を与えてくれるということです。

オーガニックではない、従来の農法は多くの天然資源を減少させてしまいますが、オーガニックならばそれを防ぐことができ、将来のために環境の維持ができます。

これがオーガニックの本来の目的であり、安全性や美味しさなどはその結果ついてきたものにすぎません。

しかし、この環境保全というのが人間にとって一番大事なことではないでしょうか。

自然が破壊されてしまたら結局人間も生きていけなくなってしまいますからね。

オーガニックのデメリットとしてあげられることは、値段が多少高価であることですが、高価といっても高級食材ほどではなく、一般的な食材に比べると高いくらいの値段なので、多少の出費で安全かつ美味しいものが食べられるのでそれほど気になることではないと思います。

オーガニック食品を食べること自体に危険性はありませんので、安心して食べることができます。
以上が、オーガニックのメリットとデメリットですが、それを踏まえた上でオーガニック食品の購入を検討してみてください。

ユーフォリアのパウンドケーキは、季節により入れるものが変化しますが、基本的には自然栽培又は有機栽培のものを使用しております。

体にやさしい極上のパウンドケーキをどうぞご賞味ください。

ご購入は、こちら