オーガニック食品って本当に買う価値がある?

オーガニックとカタカナで表現すると、妙にオシャレなイメージが先行しますよね。

オーガニックは別名有機栽培のことをいいます。

「有機栽培ってなに?」
「どんな風にお得なの?」
「本当に買う価値があるの?」
と言う方に、オーガニックの良さを説明していきましょう。

JAS法

有機野菜というのは、JAS法で規定された方法で栽培した野菜をいいます。
JAS法というのは農林水産省が、細かく農薬の種類や散布方法を定めたもので、ホームページにその詳しい規定が記されています。(農林水産省ホームページ

それによると、農薬や化学肥料などの化学物質には頼らず、自然界のもつ力を利用してできた作物を言い、そのように育てられた野菜には、必ず有機JASマークがついています。

つまり、有機JASマークがついているものが、正真正銘のオーガニックということです。

このオーガニック、農薬を使わないという事が非常に大切なのです。

そして栽培する時の肥料までもが化学物質を使っていないことも重要です。

一般栽培のものは、どうしても大量栽培するので、虫や病害虫が付きやすくなります。

そしてこれを防ぐために、農薬をまいたり、大量に売るために安い化学肥料で急いで育てたりしています。

するとどういうことが起きるかというと、農薬を散布している農家の方が癌になりやすくなります。

ということは、農薬をたくさん身体の中に入れると、ひょっとすると私たちも癌になりやすくなるのではないかということになります。

だからこそ体重の軽いお子さんには、農薬不使用の物を与えてあげたいですよね。

体重が軽いということは、一滴の農薬が、大人よりも濃度が濃くなってしまうことになります。
癌にならずとも、不要な物質を身体に入れることで、アトピーがおきたり、身体になんらかの害がおよんだりすることも当然あります。

そんな身体に悪いものをわざわざ食べたくないですよね。

オーガニック製品の価格

オーガニックは、一般栽培よりも値段が高く設定されています。

これじゃあ、買う意味がない!買えない!と思われるかもしれませんが、一般栽培でたくさん農薬をかけなくては作れない野菜をオーガニックにしてみてはいかがでしょうか?

すると簡単にオーガニックを利用できて、さらに利用することで農家の方もおいしい無農薬の野菜を作る方が増えるわけですから、良いこと尽くしです。

どうしてオーガニックが高いのかご存知ですか?栽培がとても大変で、大量に作れないからなんです。

手で虫を取ったり、除草剤を畑にまきたくないから、手作業で草を刈り取っているんです。

これだけの手間がかかるから、オーガニックって高いんです。

でもみんなが利用すれば、必ず農家の方が増えて、安くなっていきます。

これでオーガニックを買う意味なんてない!とはもう思いませんよね。

ユーフォリアのパウンドケーキは、季節により入れるものが変化しますが、基本的には自然栽培又は有機栽培のものを使用しております。

体にやさしい極上のパウンドケーキをどうぞご賞味ください。

ご購入は、こちら